2016年10月

10月も今日で最後、

今年もあと2ヶ月で終わるのかと……

と思うと1年は早いなと感じます。

田畑や山の色、色付く木々、草花の生長を観察すると、それぞれ季節で見せてくれる風景が違い、雨の日や晴れの日でもいつもと違う色を感じます。


つい最近まで、田んぼには黄金色に実った稲穂が、びっしりと生えていたのに。
今は、刈られてスッキリしています。

今朝は、田んぼの獣よけの電気柵に、
蜘蛛の巣がはっていて、それに朝露がついてシャンデリアの様にキラキラしていて綺麗でした。

畑では丹波大納言小豆も、収穫を待っています。
茎の産毛が、ピンと毛羽たち美しいです。

茶色の鞘の中には、小豆が赤く色づき入っています。

このまま鞘が乾燥していくと、勝手に弾けて中から小豆が土にパラパラと落ちます。

その前に、収穫して乾燥するのです。

image


中はこんな感じで実が入っています。
これが小豆です。

image


もう少し乾燥すれば、小豆のままで長く保存も可能です。
昨年度に収穫した小豆は、冷蔵庫にあり今でも赤飯やぜんざいをして食べています。

豆類は、長期保存可能な万能野菜ですね。

image


今朝の空。

image


餅米(新羽二重)の、稲刈りも無事に終わりました!!

正月用のお餅や赤飯、お餅を焼いて砂糖醤油で、、と楽しみ満載で、
気分はもちもちしますね~♪


先に収穫完了したコシヒカリは、
順次発送しています。

今日も、埼玉県のお客さまに新米を送りました。
黒豆の枝豆も最盛期ですので、この時期のみの旬の枝豆とお米を一緒に発送させて頂きました。
明日の到着が楽しみです。

image


農薬は使わずに栽培していますので、虫食いや外観はよろしくない場合があります。
私は毎晩、この季節限定の黒豆の枝豆を楽しんでおります。

丹波の黒豆の枝豆、またスーパーで見つけられたら旬の味覚を味わってみてください。

さて、私のもうひとつの楽しみが、
新米での【塩おむすび】です!!

あつあつより、冷めた方がいい!
とか、色々とご意見頂いております。

塩おむすび中毒なども(笑)

私はいまのところ関西人らしく、
塩おむすびに味のりをまいて食べるがブームです。

皆さんは新米、どのように食べていますか?
艶々の新米は、のど越しもよくて、いくらでも食べてしまいますね~♪

image








↑このページのトップヘ